工事事例について 鍵・防犯サービス 鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 泉中央店 におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-73-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日 出張工事OK!

カギの救急車|トップ

MENU

0120-73-9948お客様専用フリーダイヤル

工事事例Case

ニセモノにご注意ください|バナー

三協立山アルミ ナチュレドア 玄関シリンダー交換工事 MIWA社FDG/GOAL社PXY錠


【写真】左から交換前、交換後

 

鍵の開け閉めが半年ほど前から渋いので、見てほしいとのご相談をいただきました。
現調時にお客様から鍵をお借りして試しに開け閉めの操作をしてみると・・・あれ?全く動きません。
私「今この状態でご利用いただけてるのでしょうか?」
お客様「何度もトライしてようやく動く状態です・・・毎回かなり時間はかかりますが・・・」
私「そうですか・・・」
約10回前後操作トライしてようやく動かせる状態です。これはかなり危険な状態で、すぐに交換しないと近々確実に家に入れなくなります!原因はシリンダー(鍵穴)内筒内部のタンブラー摩耗による動作不良ですね。鍵を毎日抜き差ししますので、内筒内部のタンブラーは当然摩耗していきます。金属同士の接触ですからね。摩耗すると鍵のボコボコとそれにはまるタンブラーの形状が合致しなくなるのです。つまりこのお宅の鍵ではなく、別なお宅の鍵として認識されてきている状態です。通常、特殊キーを使用するシリンダーの寿命は約8-10年です。
お客様に現状と修繕内容をお話しし、ご了承頂きましたので、シリンダー内筒を交換させていただきました。内筒交換後、正常に動作するようになりまし^^
ご依頼ありがとうございました。

【写真】シリンダーを分解し、外筒はそのままに内筒のみ交換しています。

一覧へ戻る